トレーニングテンプレートプレゼント中!

【タラコラム】子どもと大人の秘密基地…そんな場所を作って自由に遊びたい

君と夏の終わり、将来の夢、大きな希望、忘れない…♪
2001年にリリースされた、ZONEの【secret base ~君がくれたもの~】

覚えている人は、きっと同世代ですね(笑)僕は、ちょうど、大学生くらいだったと思いますが、悪ふざけして、友達と遊び回ったり、部活にかけくれた日々を思い出します。

この曲のタイトルである、【secret base】つまり、秘密基地は、子どもはもちろん、大人になった僕にとっても、非常に魅力的な存在だなと、つい先日、改めて実感しました。と同時に、子どもも大人も楽しめる【秘密基地】を作って、自由に遊びたいなと思いました。

ということで今回のタラコラムは僕の妄想を記事にしてお伝えします。最後まで読んでもらえないとは思いますが、書きます苦笑

子供に戻れる大人の秘密基地 LATO BASE

先日、熊本県菊池市泗水町にある、マルシェ&レンタルスペース LATO BASE で開催されたイベントに参加してみました。使わなくなった牛舎を改築して、定期的にマルシェを開催したり、イベントができるレンタルスペースとしても活用しているような場所でした。

田舎育ちの僕にとっては、この場所は、懐かしさとワクワクでいっぱいでした!それは、なぜか?

粗いから!!

洗練されていないと言ったら良いのか、手作り感、温かみがあると言ったら良いのか、とにかく、【未完成さ】に、大いなる魅力を感じました。

【未完成さ】とは、ある意味、余白があるということだと思うんです。その余白の部分は、自由に自分たちが思い思いに埋めればよい、そんな自由さが心地よいのだと思いました。

余白を埋める楽しさ

今の時代、完成することや、正解や結果が求められますよね。中途半端はダメ、というか。でも、正解や結果を出さなくてもいいものもあると思うんです。特に、子どもたちの遊びや、子どもたちの活動には。

昔、僕たちが遊んでいたときに、子どもルールはありましたが、大人からすると理解できないようなルールもあったと思います。でも、それで良いのだと、僕は思います。厳正なルールは必要なくて、その粗さが故に、余白のある遊びができたり、発想ができたりするんだと思います。

そして、上記したように、LATO BASEには、この【余白】が満載だったんです。もちろん、ベースになる枠組み(遊具)はあります。でも、そのベースから、子どもたちの自由発想で、【余白】を埋めて、どんどん変化をつけることができるような環境だったんです。

公共の公園にあるように、「〇〇はしてはいけません」なんて注意書きはなく、子どもたちが【余白】を埋めながら、自由に遊んでいました。そして、こういう場所が好きな大人が集まっているので、子どもたちに対して、「ダメ」なんて言葉を発している保護者もほとんどいませんでした。

「子どもたちに自由に遊具を使わせつつ、大人も一緒にその遊具を使って楽しんでいる」まさにそんな場所でした。まさに、子どものころ、友達と一緒に作った、「秘密基地」そのものの感覚でした。

子どもと大人が楽しめる秘密基地を作りたい

【余白】【余裕】のある暮らしって、憧れますよね。家一つとっても、狭い部屋よりも広くて開放感のある部屋の方が気持ち良いのと同じです。

旅行で、海や山を訪れ、大きく背伸びして、深呼吸するのが気持ち良いように、そういう環境はやはり、現代人において重要なのだと思います。

でも、中々、誰もが、開放感のある部屋に住むことができたり、年中、旅行にでかけることができたりするわけではないので、少しでも、そういう気持ちにさせることができる【場所】を作ることができないかなと思いました。

また、僕自身、起業した際に、妻とともに、子育て世代への支援を仕事にしていこうと決め、そのためのプロジェクトを少しずつ進めているのもあって、子育て世代の【余裕】を作るための場所にしていきたいなと思いました。

LATO BASEもそうですが、いわゆるサファリパーク的な公園にすることで、一定の枠組みを設けていることで、一定の安全管理を担保しつつ、できるだけ自由度のある遊びができるようにしたいです。

そうすると、保護者は、子どもたちのことをつきっきりで見守る必要がありません。子どもたちが遊んでいるのを、少し離れた場所から、コーヒーでも飲みながら、読書をしながら、遠巻きに眺めることができる、、、場所。

この風景、イメージしてみてください。子育てしたことのある人であれば、【余裕】を感じませんか?子どもにつきっきりにならずに、遠巻きに眺めていることができる時間を、育児期間に持つことができると、それだけで、心の余裕を作ることができるように感じるのではないでしょうか?

子どもたちも、大人も、【余白】【余裕】を持つことができる場所、そんな秘密基地を作ってみたいなと思っています。

まとめ

今回は、熊本県菊池市泗水にある、LATO BASEに家族で出掛け、子育て世代のための【秘密基地】を作りたい!という気持ちになったことを、つれづれなるままに書きました。何一つ具体的な動きはないですが、こうして明文化して、記録に残すことで、数年後に実現させていくことができればいい否と思っています。

・子供に戻れる大人の秘密基地 LATO BASE

・余白を埋める楽しさ

・子どもと大人が楽しめる秘密基地を作りたい

最後に

菊池市泗水のLATO BASEを訪れて、こういう場所を作れるといいな、作りたいなと思いました。子どもたちを自由に遊ばせれる環境があって、あとは自由。やりたいように動く、楽しむ、、、。

親は遠目に子どもたちを見てもいいし、一緒に遊んでも良い。そういう場所に、大人も、子どもも身体を動かせて、休めて、楽しむことができるようにしていくことができるといいなと思いました。有言実行ではないですが、記録することで、実現させる第一歩になればいいなと思います。

 

◆アスリートの方で、THE BASEで、トレーニングやコンディションニングについて学び、自身のパフォーマンスアップに繋げたい!という方は、下記、公式LINEにご登録の上、お問い合わせください。

 
▲ こちらのバナーをクリックしてください!

熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘のアスリート専用パーソナルトレーニングジム トレーニングコーチ タラコウタロウがあなたのパフォーマンスアップのために、全力でサポートいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です