トレーニングテンプレートプレゼント中!

【タラコラム】”未来って奴は自分で作る”っていう生き方について

「何かを掴むために闘う。邪魔なんてされれば歯向かう。未来って奴は自分で作る。 世界を必ず動かす。男として俺生まれたから、あえていばらの道へ進むから。 一度きりの人生だから、いつかは掴むあの札束・・・♪」

という歌詞をご存知の方はいらっしゃいますか??

知ってらっしゃるあなたは、きっと同世代ですね(笑) この歌詞は、僕が大学生の時にかなり聞いていた、湘南乃風のラガパレードというアルバムに 収録されている、【札束】という曲です。この歌詞から感じる、荒々しくて、それでいて、 目標に一直線な感じの世界観、随分と歳はとりましたが、今でも変わらず、好きです。

今回のタラコラムのテーマは、「未来って奴は自分で作る」ということについてです。僕と同じような境遇の人にも、そして、アスリートにも通じる考えかなと思います。ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

原動力は強い気持ち

冒頭で湘南乃風の【札束】という曲をご紹介しました。この気持ちって、スポーツをやっている人は割と経験していることなのかなと思います。ここで伝えたいことは、札束を掴むぞ!ってことではなくて、夢や目標に向かって、突き進むための原動力は、【強い気持ち】だよね!ということです。

僕は、2020年から自分で商売を始め、トレーニングジムの経営をしています。ある程度、経営していくことに対して、自信は持ってはいましたが、それでも、最初は、どうなるか不安でしたし、今でも、来年や先のことを考えれば、不安は尽きません。

そういう時に立ち返るようにしているのが、【なぜ、独立して、会社経営をしようと思ったか?】ということです。「初心忘るべからず」という言葉があるように、最初の動機、つまり【ビジョンを持つ】ということこそが、一番重要だと思っています。ビジョンを明確にするには、かなり自分自身を深掘りする時間を要しましたが、その時間をかけたおかげで、今、自分がやるべきこと、これからやっていきたいことは割と明確です。

そのビジョンを決める際に、重要だったことが、「なぜ、それをやりたいのか?」ということです。ビジネスを行う上で、自分がやりたいことは大鉄則ですが、自分のやりたいこと自体にニーズがあるのか?ということをしっかりと考えることも極めて重要だと思います。

ニーズを確認した上で、何としても、そのニーズに応える!応えたい!という【強い気持ち】こそが、物事を進めていく上では、ベースになる部分であり、【原動力】だと僕は信じています。

絶対に一番になる!  絶対に世界を変える! 自分の夢や目標を叶える! というような、気持ちがなり、このくらいでいいか、、、って思った瞬間に、目の前の景色は あっという間に灰色になってしまうのかな、と僕は考えています。

大の大人が本気でやるからこそ

大の大人が、子どもじみた事を言うな! と世間的には言われるかもしれません。でも、僕のクライアントであるプロアスリートの皆さんは、まさしく、 子どもの頃の【強い気持ち】を持ち続けた人たちです。そして、今も変わらず【強い気持ち】を持って、自分の未来を変えていっている人たちばかりだと思っています。だからこそ、我々、一般人は、スポーツやアスリとの活躍から、夢や希望をもらい、明日への活力を得ることができるのだと思います。

僕は、アスリートでも何でもないですが、アスリートやスポーツからたくさんのことを学びました。そして、僕が一人の大人として、大人の生き方と して、自分の子どもたちや、そして、僕の職業を目指す若者たちには、自分自身で未来をこじ開けていくような【強い気持ち】を持って生き る生き方や、その生き方自体をワクワクしながら楽しんでいることを伝えたいと思っています。

大の大人が本気でやる! からこそ、アスリートやスポーツのように、僕という人間でも、人々の気持ちを動かすことができるはず! と考えています。

何のために生きるのか?を考えてみる

よく言われる言葉に、【過去の自分が今の自分を作り、今の自分が未来の自分を作る】というものがあります。 自分がなりたい未来があったから、過去の自分が何かに取り組んできてて、結果として、今の自分が存在しています。 そして、今、自分のなりたい未来があるからこそ、今の自分がやるべきこと自体も明確に見えてくる、と僕は考えています。

前述した、【ビジョンを持つ】ということの訓練を行なっていると、自分の人生という時間軸の中で、自分自身がどう生きるのか? 何のために生きるのか? という問いに対して、自分なりの答えを見出すことができると僕は考えています。

とはいえ、自分自身がどう生きるのか? 何のために生きるのか? と記載すると、どこか哲学的な思考になりまってしまい堅苦しく感じますね(笑)もっとシンプルに置き換えれば、自分自身の【幸せの追求】こそが、自分の人生のビジョンを明確にしてくれると思います。

「幸せ」の定義 は人それぞれ違うと思いますが、それぞれが「幸せを追求」していくことで、なりたい自分や手に入れたい未来に繋がっていくのだと僕は思います。

全ては、自分の人生のビジョンという【目的】次第。その【目的】が不明瞭だと、生きること自体に意味を見出すことができるなくなってしまうかなと思います。今、僕らが生きているこの世界、この時代、家族、友人、知人、その全てにきっと何らかの意味があると思います。 そして、その意味を持たせているのは、紛れもなく、【自分自身】だということ、なのではないかと、僕は考えています。

蝉から学ぶ人生観

最後に、上記したようなことを考えると、必然的に、僕たちは、「今やるべきこと」と「今やらなくて良いこと」を区別することができます。

しかしながら、僕も含め、現代人は、「今やらなくて良いこと」に支配され過ぎています。それは、僕たちの日常を少し振り返れば、一目瞭然です。隙間時間があれば、スマホ片手にSNSに閲覧したり、気づいたら、youtubeの面白いコンテンツにどハマりして、時間があっという間に過ぎてしまっている、、、なんて事は誰しもが経験のある事だと思います。

こうしたメディアの発達は、無意識に僕たちの注意をどんどん引き付けています。その結果、「今やるべきこと」に向き合うことができず、やるべきことに時間を費やすことができなくなる、なんてことが多いと思います。(育児なんてまさにそうですよね。子どもの成長は”今”なのに、ついついスマホに目がいっている、、、なんて事は多いですね)

アスリートであれ、一般人であれ、自分に与えられた時間は有限です。選手寿命、そして人の寿命は、おおよその時間が決まっています。その限られた時間の中で、どう生きるのか?、もっと身近に考えれば、どう1日の時間を使うのか?ということをしっかりと考える必要があると思います。

自分の人生のビジョンという目的のために、今やるべきこと、やったほうが良いことは色々あるよね?と思います。(自分自身にも言い聞かせています…苦笑)

まさに、今夏も、精一杯、自分の生涯を生きていた【蝉】たちから学ぶことは、非常に多いなと、僕は感じます。自分の人生という限られた時間をどう生きるのか?限りあるからこそ、しっかりと考えて前に進んでいきたいなと、僕は思います。

まとめ

今回は、「未来って奴は自分で作る」というテーマでタラコラムを記載してきました。限りある自分の人生をどう生きるのか?自分にとっての幸せとは?ということを、少しでも考えるきっかけになれば、嬉しいです。こういう根本的なことって、答えはほぼ出ないと思いますが、考えることに意味がある、と僕は思っています。

・原動力は強い気持ち

・大の大人が本気でやるからこそ

・何のために生きるのか?を考えてみる

・蝉から学ぶ人生観

最後に

今回のタラコラムは、月1で、クライアントさんに向けて発信しているニュースレターの中で書いたコラムに加筆したものを掲載しました。

自分自身にとっての幸せは何か?ということを考えるタイミングがきっと人生の中で一度は来ると思います。僕自身もそれを考え、その結果、起業するという道を選びました。人によって、幸せにはいろいろな形があると思いますが、人と比べたり、競ったりするものでもないと思うので、自分自身の気持ちに正直になって考える必要があるのかなと思います。

僕は、自分の幸せが、他の誰の幸せにもなると、いいな!思って、仕事をしています!だからこそ、自分自身がまずは幸せを感じれるようになろう!って思っています!!

 

◆アスリートサポートを行いたい!と考えているトレーニングコーチやトレーナーの方へ

無料PDF配布中!!

ご希望の方は、下記、公式LINEにご登録の上、お問い合わせください。

 
▲ こちらのバナーをクリックしてください!

熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘のアスリート専用パーソナルトレーニングジム トレーニングコーチ タラコウタロウがあなたのパフォーマンスアップのために、全力でサポートいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です