トレーニングテンプレートプレゼント中!

【学生アスリート必見】トップアスリートの必要条件とは

「毎日、同じことを続けるの面倒臭い・・・」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか?

もし、あなたがプロアスリートを目指しているのなら、今の生活を少し振り返ってみてはどうでしょうか?本記事では、僕自身が、プロアスリート、それとも、トップアスリートたちの日常について少し触れながら、僕が考える、「トップアスリートの必要条件」についてお伝えします。

プロになりたいアスリート、すでにプロでも、その世界でトップになりたい!と考えているアスリートの方は、ぜひ参考にしてみてください。

トップアスリートの日常

 
明日から、この準備をしなくてよくなるな・・・
これは、僕が、2014年から1年間、アルペンスキーのワールドカップに帯同させて頂き、たくさんのことを学ばせて頂いた、皆川賢太郎さんが引退する際に仰っていた一言です。
皆川さんは、度重なる怪我で手術を繰り返し、毎日の練習をしっかりと行っていくためにも、練習前の準備を欠かすことができない選手でした。また、ワールドカップに参戦し、世界のトップレーサーたちと戦うためにも、練習と平行して、フィジカルトレーニングはもちろん、体のメンテナンスも一層に気を使われていました。
皆川さんの合宿など1日のスケジュールを大まかに説明すると上に図示したようになります。

このような生活を海外の合宿時には、毎日行い、それを数ヶ月繰り返すような生活でした。このスケジュールだけを見ると、割と、休んでて、時間的な余裕があるのでは?と思えるかもしれないのですが、合宿を行う場所は、雪山で、且つ、場所によっては、標高が富士山の頂上くらいの場所もあり、体へのストレスが大きい訳です。

 

そのため、睡眠、ケア、栄養など、リカバリーに当てる時間をしっかりと取らないと、とてもではないですが、練習を継続することができないのです。

アスリートとしての目標は、「競技パフォーマンスの向上」そして、「競技成績アップ」。そのためには、とにかく、”質の高い練習”をやり続けないといけません。それを考えると、このスケジュールくらいに、しっかりと【休む】ということが必要になります。(年齢があれば、尚更)

 

少し脱線しましたが、ここでお伝えしたいことは、トップアスリートは、「こうした日常を毎日繰り返していた」ということです。”質の高い練習”を行い、”競技力向上”を図るためには、こうした単調な毎日を、高いレベルで繰り返している、というよりも、繰り返さなくてはいけない、という事実があるということを、学生アスリートであるあなたには、ぜひ知っていただきたいと思います。

 

トップアスリートの必要条件

このようなことは、皆川さんだけでなく、トップアスリートのほとんどが同じです。

THE BASEに来館されているプロアスリートも、競技力向上のために、毎日のルーティンを自分で決め、それを繰り返しています。シーズン中で、週末に試合があれば1週間のスケジュールもほぼ決まります。それをシーズン中は日々繰り返している訳です。

つまり、トップアスリートになるような人たちは、このような日々の積み重ねを、長年、【やり続けてきた】ということなのです。

プロになるようなアスリートたちは、もちろん、身体能力に優れていたり、センスやスキルが高いことは事実だと思います。しかし、それらをさらに質の高いものにしていくための”積み重ね”を決して辞めなかったという【続ける才能】が他の人よりも非常に長けていたということが、一番重要なことだと思います。

そして、この【続ける才能】こそが、トップアスリートの必要条件であると、僕は考えています。

 

【続ける才能】を伸ばしていくためには…

では、どうやって、その【続ける才能】を伸ばしていくことができるのか?ということが木になると思います。

このことに関しては、答えは一つではないと思いますが、僕が、アスリート自身から過去のエピソードを聞いたところによると、一番は、「やり抜く力」であると思います。

 

例えば、多くの方は、できないことやうまくいかないことが目の前に立ち塞がると、たちまち、やる気がなくなり、投げ出してしまうことが多いはずです。また、何かを続けているときに、割とすぐに結果を求めがちです。

僕自身にも心当たりがありますし、何なら、現在でもそのようなことに直面し、同じようなことに陥ってしまうこともあります(笑)

しかし、トップアスリートになるような人たちは、できないことができるようになるにはどうすれば良いか?と試行錯誤しているときにこそ、「楽しみ」を感じているように思います。

すぐにできないからこそ、「楽しい」「面白い」

そして、そうやって、できるようになるまで、繰り返しやり続けるからこそ、すぐに「結果」を求めることなく、我慢強くやり続けて、「結果」を手に入れるのだと思います。

こうした、【我慢強くやり続ける、やり抜く力(意志)】こそが、トップアスリートとそうでない人を分ける一番の違いなのだと、僕は考えています。

 

まとめ

僕が考える、トップアスリートの必要条件とは、

【続ける才能】

であると考えています。

 

そして、その【続ける才能】を伸ばしていくためには、

【やり抜く力(意志)】

が必要であると考えています。

 

自分の成長や自分が出したい成果や結果のために、自分が決めたことをやり続ける才能を持ち、それをやり抜く力、意志の強さこそが、トップアスリートになる人たちには共通にして備わっていると感じます。

プロアスリートに、それもトップアスリートになりたい学生アスリートの方は、ぜひ、その辺りを考えて、毎日の積み重ねに励んで欲しいなと思います。

 

最後に

アスリートの姿勢から学ぶことって、本当に多いんですよね。華やかに見えるトップアスリートも、その影では、本当にたくさんの努力をしていて、毎日、積み重ねているんですよね。

でも、そのような姿は、決して表には出てきません。(最近ではバックステージが見えるようになってきましたが)だからこそ、そこにストーリーが生まれ、我々は、アスリートのプレーに魅了されるんだろうなと思います。

日々、コツコツと積み重ねる、、、アスリートだけでなく、学生アスリートだけでなく、人として大事なことだと、つくづく感じます・・・。

 

 

◆学生アスリートの方で、トレーニング方法を知りたい!という方は、動画で学ぶことができます。一部無料公開しているので、バナーをクリックして、ぜひご登録ください。

 

◆アスリートの方で、THE BASEで、トレーニングやコンディションニングについて学び、自身のパフォーマンスアップに繋げたい!という方は、下記、公式LINEにご登録の上、お問い合わせください。

 
▲ こちらのバナーをクリックしてください!

熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘のアスリート専用パーソナルトレーニングジム トレーニングコーチ タラコウタロウがあなたのパフォーマンスアップのために、全力でサポートいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です