トレーニングテンプレートプレゼント中!

スポーツ現場に立つ人であれば、知っておくべき〇〇のこと

毎年のように、スポーツ現場では死亡事故が起きてしまうことがあります。もし、その場に自分がいて、自分が動くことができなかった?自分の大切な人を前にして、何もできずにその場に立ち尽くすことしかできなかったら…。

後から、これを知っておけばよかった、これができていればよかった、と後悔してもしきれないと思います。あなたがスポーツ現場を支える人で、アスリートのことを自分の家族と同じように大切に思うのであれば、パフォーマンスアップのためのトレーニング指導や怪我や痛みを改善する治療スキルよりも、まず知っておいてほしいことがあります。

それが、【救急対応】だと、僕は思っています。

この場面で、あなたならどうしますか?

これは、Jリーグの試合での出来事です。プロの試合なので、チームドクターもいれば、経験豊富なアスレティックトレーナーもいらっしゃると思います。だからこそ、迅速な対応ができ、大きな事故にならずに済むかもしれません。

しかし、このような事故が、河川敷のサッカー場の少年サッカーの練習中に起きてしまったら? 医療スタッフがほぼいないような試合で起きてしまったら?

自分の目の前で、この動画のような事故が起きてしまい、そこに自分以外に対応できそうな人がいないとしたら??

僕はこの想定をしたときに、胸を張って、「やれる」と言える自信がありませんでした。基本的な救急法を学び、必要な対応をわかっているつもりでも、時間経過とともに、そういった知識やスキルは薄れていってしまうことを実感しました。

僕と同じような気持ちになる人は、少なくないと思います。知らないこと、わからないことは別に大きな問題ではありません。しかし、その状態をそのままにしてしまい、同じような事故が自分の目の前で起きた時に、必要な対応を取れないのであれば、それは、スポーツ現場に立つ人間としては避けるべきことだと思います

スペシャリストから学ぶ

上記したように、救急対応が必要な場面に直面した際、僕は、【自信を持って、動く!】ということができないと思いました。であれば、学ぶしかない!と考えました。しかし、学ぶといっても、日々アップデートされるこうした情報を、一から全て調べ上げていくよりも、日常的に、こうしたスポーツ現場で活動をされている人の知識やスキルを、まずは伺う!という方が、効率的であると考えました。

そのようなスペシャリストの知識やスキル、そして、経験を伺い、その上で、自分で追加で調べていく、学んでいく方が、本当に必要なことに最短距離で近づけると思いました。ということで、今回は、長年、ラグビー日本代表のヘッドアスレティックトレーナーをされていて、かつ、僕の前職の同僚でもある、井澤秀典さんに講師を依頼し、【スポーツ現場における救急対応】について伺いました。(井澤秀典さんの詳しいプロフィールに関しては、こちらから)

このセミナーでは以下の内容について、お話ししていただきました。

スポーツ現場における救急対応といっても、脳震盪、頭部外傷、そして、熱中症など、多岐にわたります。それぞれに必要な対応があり、その対応の一つ一つが救命に繋がるという非常に大切な対応であることを、今回のセミナーを通じて、改めて理解することができました。

知っていれば、行動に移すことができますが、知らなければ、行動に躊躇してしまいます。この一瞬の判断が、救命に大きな影響を及ぼすことを考えれば、やはり、第一に理解しておくべき内容であるなと思いました。

今回、セミナーに参加いただいた方たちのご感想もご紹介いたします。

そのほかのご感想はこちらからご確認ください。

ちょっと学んでみようかな?と思った方へ

僕のように、スポーツ現場ではなくとも、トレーニングジムなどにおいて、トレーニング指導をされている方も、指導中に、突然、クライアントさんの救急対応をしなくてはいけない時があるかもしれません。もちろん、きちんと知識やスキルを身につけていて、しっかりと対応できれば、良いのですが、少し不安がある…という場合は、しっかりとフォローアップしておく方が良いと、僕は思います。自分の目の前で、クライアントさんの不幸な姿なんて、誰も見たくないですから。

もし、学びを始める際に、どこから学べばよいかわからない…という方は、ぜひ、今回実施した、井澤さんによるオンラインセミナーの動画教材をご活用ください。まずは、学びを始めてみて、その上で、もっと深く知りたい場合は、さらに深い知識やスキルを身につけていければと思います。

興味がある方は、ぜひ、下記のリンクをクリックしてみてください。一部、無料で閲覧できる動画もございます。また、ご購入いただいた方には、セミナーで使用した資料もダウンロード可能です。ぜひ、スポーツ現場における救命対応の知識を深め、目の前での不幸な事故を防いで頂ければと思います。

セミナー動画教材は、こちらから

 

最後に

今回のセミナーにはスポーツ現場で働く方や、今後、スポーツ現場で働きたい学生さんの方たちがご参加くださいました。講師の井澤さんも仰っていましたが、スポーツ現場での救急対応は、「とにかく準備」です。知識やスキルを身につけておくことも、その準備の一つです。あなた自身の意志と行動が、より安全なスポーツ現場の提供に繋がっていくと思います。

 

 

◆アスリートサポートを行いたい!と考えているトレーニングコーチやトレーナーの方へ

無料PDF配布中!!

ご希望の方は、下記、公式LINEにご登録の上、お問い合わせください。

 
▲ こちらのバナーをクリックしてください!

熊本県熊本市北区武蔵ヶ丘のアスリート専用パーソナルトレーニングジム トレーニングコーチ タラコウタロウがあなたのパフォーマンスアップのために、全力でサポートいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です